地域限定の地理試験の存在|タクシードライバーの求人で好きを仕事にしよう

タクシードライバーの求人で好きを仕事にしよう

ウーマン

地域限定の地理試験の存在

街

試験合格は必須

東京特定指定地域内でタクシー会社に就職して仕事をしていくには、東京タクシーセンターの実施する地理試験に合格しなくてはいけません。これに合格してからでなくては、特別区のほか武蔵野市や三鷹市では営業できませんので気をつけましょう。地理試験を受けるには、東京タクシーセンターで行われる四日間の講習を受ける必要があります。さらにそのうちの三日目が試験日となりますので、その日までに試験対策を終えておきましょう。また試験は毎週行われているので、そういう意味ではチャンスは多いといえます。ただし年末年始は休業なのと、受講料に6,800円必要になることは忘れないでおきましょう。東京でタクシー会社に就職するには、地理試験の合格は必須です。ただし意外に難関なので、試験対策は入念にしていきましょう。

気になる試験内容は

東京タクシーセンターの実施する地理試験は、東京で運転手として仕事をするのに欠かせない内容で占められています。ほぼ暗記すれば答えられる問題ばかりですが、一夜漬けで合格するのはさすがに難しいでしょう。また試験はタクシー業務に関わる法令と安全及び待遇、それから東京特定指定地域の地理の問題の二科目受けなくてはいけません。それぞれ45問と40問出題され、正解率80パーセント以上になる必要があります。ただし地理試験はどちらか片方合格すれば、次の試験の際に合格した科目は免除されます。その場合は、合格した科目の合格通知書を次の試験の際に申請しなくてはいけませんので忘れずに持参しましょう。この地理試験については、各タクシー会社も積極的にサポートしてくれます。タクシー会社の用意する研修や試験問題集は、できる限り活用して試験に臨みましょう。