タクシードライバーに転職|タクシードライバーの求人で好きを仕事にしよう

タクシードライバーの求人で好きを仕事にしよう

ウーマン

タクシードライバーに転職

男性

タクシー会社は年中求人広告を出していますから、条件がマッチすれば採用される確率は高くなります。タクシー採用に一番必要なのは運転免許です。まず、免許がなければ運転が出来ませんから採用されることもありません。タクシーを運転できる人は第二種運転免許を所持している人に限ります。まずは普通免許を所持している人をタクシー採用してから、会社で行っている養成訓練などを受けて第二種運転免許を取得するのが一般的な流れです。タクシードライバーは年齢制限が設けられていないことも多いですから、高齢でも健康であれば採用される可能性があります。タクシー会社によって採用条件も異なりますが、比較的採用される確率が高い職種でしょう。

タクシー会社は歩合給を採用しているところがほとんどです。売上をドライバーと会社で分配しているのですが、会社によって比率は異なります。タクシー採用の求人はたくさんありますから、会社のシステムを比較してから自分が働きやすいと感じる会社に応募してみましょう。また、タクシー乗車率によって給料が異なるので、地域によってドライバーの給料相場も異なります。都心ではタクシーの乗車率も良いですから、自ずと一日の売上も高くなります。しかし、タクシーをあまり利用しない街では乗車率が高いとは言えませんから月の平均給料も低い傾向があるのです。タクシー採用については働く場所や地域によっても給料が異なってくると言って良いでしょう。