タクシードライバーの求人で好きを仕事にしよう

男女

充実した待遇や環境

地図とミニカー

あらかじめ寮が完備されている東京のタクシー会社を選ぶと、生活費が大幅に抑えられるでしょう。特に地方から仕事をしにくる場合は、住居の問題は重要です。また、タクシー会社は基本的にシフト制のところが多いので、自分のスケジュールに合わせて仕事ができます。

もっと読む

地域限定の地理試験の存在

街

東京特定指定地域内でタクシードライバーとしてやっていくなら、地理試験の合格は必須です。この試験では、タクシードライバーに必要な地理や法令の問題を解くことになります。タクシー会社でも試験用の研修や問題集でサポートしてくれるので、それを使って対策しましょう。

もっと読む

タクシー業界の現状

ミニカーと鍵

運転手の仕事

タクシードライバーは職歴はあまり関係なく年齢が4.50歳以上でも務めることのできる職業です。タクシードライバーの現状はどのようなものなのでしょうか。給料は歩合制がほとんどで一定以上の稼ぎが自分の収入となります。平均年収は約200万で月収にすると20万前後と決して多くはありません。またタクシードライバーの労働時間は非常に不定期で生活習慣が乱れやすく長時間座ったままでの仕事のため腰も痛くなります。当然人の命を預かる仕事ですから人身事故を起こせば免許取り消しもありえます。厳しい仕事の思えるタクシードライバーですが10年間無違反で個人タクシーの資格を取得することで会社からの天引きがなくなり年収500万以上稼ぐことも可能なのです。しかし、そのようなタクシードライバーになるには知識と経験が必要なのは言うまでもありません。

タクシー業界の苦難

現在タクシードライバー求人の動向はどうなのでしょうか。近年タクシー業界で問題になっているのが人材不足と高齢化です。人材不足の要因は業務が激務であるにもかかわらず低賃金だという印象が強くあるためだと考えられます。高齢化においては中高年の方が自分の年齢から就職可能な仕事としてタクシードライバーを選択する動向が影響しています。いずれにせよ慢性的な人材不足のためタクシー業界の求人は非常に多く、採用の門戸も広く開かれています。また求人が多いのは大都市だけのように思われがちですが観光や出張などでの利用もあるため地方の求人も少なくありません。人材不足を解消するため免許取得支援を行ったり勤務時間管理見直し、福利厚生の改善に取り組んでいる会社も増えています。しかし求人が多い反面離職率が高いのもタクシー業界の現状でもあるのです。

タクシードライバーに転職

男性

タクシー採用の為には免許が必要なのですが、ドライバーとして働くためには第二種運転免許が必要です。普通免許を持っていれば採用されますし、タクシードライバーは高齢でも健康であれば採用されるケースも多いのです。

もっと読む